読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プログラミング 美徳の不幸

Ruby, Rails, JavaScriptなどのプログラミングまとめ、解説、備忘録。

サウナで

いきなりだけどサウナで死にかけた。
金曜日、すごく体調が悪くてこれはもう仕事なんてやってられないなと感じ、中ジョッキ6,7杯がーっとあおって2時くらいにタクシーで帰った。
翌朝、とんでもない気持ち悪さに襲われて起きた。いつもならさほど二日酔いする酒量ではなかったけど、明らかに直立して歩くのが困難なぐらいに気持ち悪かった。

明らかに風邪が悪化したのだと思った。

そこで僕は風邪の悪いウイルスを高熱によって殺菌しようと思いたち、近所のサウナに駆け込んだ。
もうそのへんの脳みそが溶けちゃったので記憶も定かではないけど、吐きそうなのをこらえて赤坂見附まで歩いた。
なんとか、脱衣場まで行ってサウナ屋さんの大浴場に辿り着いた。

軽くシャワーを浴びて、浴槽につかったあたりまでは非常に心地よかったのを覚えている。問題はそのあとのサウナだ。
当初の目的を遂行すべくサウナに入った私は、さっそく暑い中ウッドデッキに横になった。もうこのへんからやばい。なんかなんていえばいいのかわからないけど、体験したことのなかった悪寒に襲われた。暑いのに体の芯がどんどん冷え込むような感じ。

3分くらいたって、どうやら私はとんでもない間違いをしているのではないだろうかという気がしてきた。結果的にこの疑問は当たっていたわけだけど、とりあえずサウナに入ったら5分はいることにしている私はなんとか5分堪え、外に出たあたりで明らかな脱水症状に襲われた。
近くのベンチのようなのにへたり込んで、とりあえず体力の回復を図ったけどもしかしたらこのまま死んでしまうかもしれないと考え、現世でやり残したことを考えた。




真っ先に思いついたのはこれだ。去年末の紅白に触発されて以来、「能年玲奈橋本愛有村架純の3人のうちいずれか一人をどうしても選択しないといけないとき、誰を選ぶか?」という命題を年初から片付けていなかった。
2月くらいまでそれぞれの良さを考えていって加点法でやっていたのだけど、それでは埒が明かなかったので3月に消去法に切り替え、その結果橋本愛を候補から外した。
しかしこれは直後の3月か4月くらいに駅でホットペッパービューティーの表紙を飾る橋本愛を見た瞬間自分がとんでもない誤りをしでかしていたことに気づき、再び振り出しに戻ってしまった。以降月末付近にTOKYO FM能年玲奈のGirls Lockというラジオ番組を聞くたびに一瞬能年株が高騰しては、いま旬の王道アイドル枠の有村株と、その二者とは距離を置いて独自路線をゆく橋本株の3者が奇妙な均衡を保ったまま6月まで来てしまった。


まぁそんなことはどうでもよいのだが、とりあえずこんなしょぼいことしか思いつかなくても死ぬわけにはいかないので、水分補給をしつつ(水飲んだら吐きそうになったけど)、なんとか家に帰ってだいたい11時くらい。その次に意識を取り戻したのが夜の22時くらいだった。