読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プログラミング 美徳の不幸

Ruby, Rails, JavaScriptなどのプログラミングまとめ、解説、備忘録。

胡散臭い会社を見破る方法

ホームページだけはやたらと綺麗なのだが相手がどうも胡散臭い。会社の規模や実態がよくわからない。

こういうときは登記簿を照会すれば一発なのですが、さすがにもっとカジュアルな方法で相手の身元を確認してみたいでしょう。

そういう場合に法人番号検索が非常に便利です。

http://www.houjin-bangou.nta.go.jp/

お役所のページのわりにはけっこう見やすいですね。

例えばこれにアトラシエと入力してみます。

f:id:tkot:20160210230240p:plain

出ました。

といったふうに、会社が実在することと住所だけ確認できます。住所変更も登記してすぐに反映されました。

世の中、意外と会社のようで会社じゃない組織は多くあります。八百屋さんとかレストランとか。 でも名刺は「リストランテ・エビス」とかで、これを屋号といいますが、個人事業主には屋号を明記する欄はあるんですが屋号に書いてない屋号、というか店名を名乗っても罰則は(たぶん)ないです。

というか、そもそも個人事業主じゃなくても勝手に名刺を作って「うちはなになにの会社です」と名乗る分にはギリセーフです。というのは、お役所の書類とかをみると運営母体は個人事業主だがみなし法人のような形のときに、屋号を会社と名乗っていることを想定してるケースがあるんですね。 しかし、株式会社とかを勝手に名乗ると名乗ると会社法かなんかに引っかかります。

何がいいたいかというと、「うちはチームsakuragaokaっていう芸能キャスティング会社です」と名乗るのはかなりグレーであるけどまだ株式会社とかを名乗ってないので、これくらいのことをやってる人は多いということ。

だから胡散臭い会社の人にはちゃんと登記上の名義と代表者を聞いたうえで、存在を確認しましょう。最近シェアオフィスで常々感じることです。