読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プログラミング 美徳の不幸

Ruby, Rails, JavaScriptなどのプログラミングまとめ、解説、備忘録。

上祐・少年の国・陰謀論

面白い動画を見つけた。

www.youtube.com


ライターのターザン山本最近ビートたけしに怒られた吉田豪、芸人のプチ鹿島(この人は知らなかった)、そしてオウムで麻原の一番弟子としてメディアに引っ張りだこだった上祐。この4人によるトークライブ。

近年(といっても3,4年前になるけど)上祐がそこまで言って委員会とかオウム総括系の真面目な討論番組等にゲスト出演し、そのたびに真面目な表情でオウムの反省なりを話しては、周りの出演者からバッシングされてることは知っていたが、こんなカジュアルなイベントにも出てるのは知らなかった。

そこまでいって委員会なんかでは「お前が坂本弁護士殺害を知ってたのにそれを否定して遺族を侮蔑していたのを忘れない」だのサイコパスだのと散々な言われようであった。まぁそれだけ見れば少しかわいそうなのだが、当時のオウムをリアルタイムで見ていた人、つまり30代後半くらいの人からはそんなふうに言われても仕方ないように見えるかもしれない。

(私個人としては上祐はわりとセーフで引かない。たぶん佐川一政とか少年Aになると引いちゃう。)


トークライブの内容は本当に面白いしわりと長いので作業用BGMにでもして聞くとちょうど良いのだが、かいつまんで言えば

・上祐が麻原を盲信していたように、自分も猪木を盲信していた
・団体の危機に際しロシアから帰国した上祐は、前田日明と一緒(プロレスファンなら納得できるたとえらしい・・)
・上祐はセックスはもちろんオナニーもしない、瞑想によって性のエネルギーを上半身に移せるらしい、しかし夢精はOKとのこと
・上祐的にはエヴァンゲリオンは麻原のビジョンに似てるらしい
・「大川隆法と奥さんが離婚して、奥さんがアフロディーテだったのが新解釈で新しいアフロディーテが3人できた」などのゴシップも上祐はウォッチしている
・ロシア出張中、ボリショイ・バレエは見に行った。感動したらしい。


上祐が地下に潜る修業を行った話(↓たぶんこれ)も面白い。

www.youtube.com

吉田「一人で入って大変じゃないですか」
上祐「一人のほうが少ない酸素で足りるし一人のほうがずっと楽」
鹿島「(ターザン山本に)週プロの全盛期だって同じじゃないですか? 閉じ込めて原稿書かせて消費してくだけでしょ?」
上祐「それはいくらなんでも笑」
ターザン山本「チリの落盤事故観ててどうでした?」
上祐「あれは酸素があるから〜〜。だけど精神的に落ち着かないでしょうね」

動画は他にもいくつかあって、なぜか小沢一郎についてどう思うか見解を問われわりとまともな返しをしてたり、謎の右翼芸人から「ダライ・ラマに迷惑をかけたのだから今からフリーチベット運動やりましょう」と誘われるなど、かなり私のツボにハマった内容だった。

少年の国


最近この「少年の国」というマンガを読んだが、なんとなくオウムが伸びた80年代・90年代の世相を感じることができた。

===============================
「科学的に証明されている教団の考えがあって、みんながこの通りに活動していかないと環境破壊等で地球は滅びる」というオウムチックな思想で小さな活動団体が巨大化していく。
最終的には教団に批判的な有識者を呪い殺そうとして、呪いが成就しなければそれを成就させるために凶行に及ぼうさえするようになって・・・
===============================


というお話し。今から見れば完璧にオウムがモデルになっているのだけど、この作品が発表されたのは91年である。つまり世間がオウムに確信的に疑惑を深めた95年から4年も前のことだ。

オウム事件について、バブル全盛期で世間が浮ついている中、それ違和感を感じるあぶれた学生たちの心を引きつけた、という主張がなされることがあるけど、これは半分間違ってると思う。そういう話なら「リア充・ぼっち」という言葉ができた今のほうが宗教が流行ってもよさそうだし、上祐には彼女がいた。(彼女と一緒に出家しましたという人もいる)

そういうわけで、まぁそういった人もいたのは間違いないにしてもそれが特徴的だったとまでは言えないのではなかろうか。
それよりは世紀末の特別感だったり、いよいよ地球がパンクするという主張が増え始めた時期というのはオウムを受容した要因として意外と大きいかもしれない。

陰謀論

オウムが発展した思想的背景には妄想的終末論やフリーメイソンとオウムとの戦いというような陰謀論があるわけだけど、オウム自体に対する陰謀論、つまりオウムは北朝鮮・ロシアと密接な関わりがあったのではないかとか、暴力団との関係、村井秀夫刺殺の真相などは未だに世間からの憶測が絶えない。

このへんについてもトークライブで上祐がざっくばらんに話していて、「ロシアとは金を出せばエリツィンと会える所までは持って行けて、金出せばなんでも買えた」とか「村井刺殺に暴力団が関係していたのは事実だが、麻原が村井を疎んで消すように依頼したのではないか」などのことは言ってるのだけど、これについては関係者が存命なので最も陰が感じられる言い回しだった。
上祐が意図してしゃべっていないことがあるとすればやはりこのへんは本命だろう。

ameblo.jp

その関係でいろいろ見てたら、「村井秀夫刺殺事件の真相を追って」というズバリなブログを発見してしまった。

まぁ陰謀だの終末論なんていうのはエンターテイメントとして、与太話として消費するのがちょうどよいだろう。だから昨今のAIが人類を滅ぼすなんていう話も真に受けてはいけない。